AGAに効果的な治療方法とは

AGA治療方法には大きく別けて2種類あるといえます。
AGAの進行を止めるための治療と、AGAにより失った髪の毛を元に戻すための発毛治療の2種類です。
AGAの進行を止めるための治療は比較的簡単でしっかりと効果が得られる治療です。
治療といっても薬を服用するだけなので気軽に受けられる治療でもあります。
処方される薬としてはプロペシアという薬が処方されることが多く、効果も実感できる薬です。
この症状は進行を止めるのは比較的簡単なのですが、その後の発毛が難しい症状です。
発毛のために処方される薬として知られているのがミノキシジルです。
この薬は血管を拡張させる作用があり、血流を良くすることで発毛に必要な栄養がしっかりと届けられ、発毛を促進させるというものです。
しかし、この薬による副作用や人によっては効果が得られないことなどが懸念材料となります。
副作用としては血圧の低下や体毛が濃くなるという症状が挙げられます。
血管を拡張させるので血圧が低下します。
そのため、血圧が元々低い方は服用を控える必要があります。
また、この薬は飲み薬であり、毛根だけに作用するわけではないので体全体の体毛が濃くなってしまう方も多くいます。
その他の方法としては、毛根に直接効果のある成分を注射などによって注入する方法があります。
ハーグ療法や育毛メソセラピーと呼ばれるものです。
ミノキシジルなど発毛に有効な成分を注射などで頭皮に直接注入することで、必要な部分だけの効果を得ることができます。
しかし、この方法のデメリットとして挙げられるのが費用の高さです。
一部適応されることもありますが、一般的にはこの発毛方法にる費用は保険が適応されません。
そのため、数十万という費用がかかります。