フィナステリドの効果効能について

フィナステリドは、アメリカ合衆国のニュージャージー州を拠点とする世界的な製薬会社であるメルク・アンド・カンパニーが開発した薬品です。
元々は、膀胱の下で尿道を取り囲む様にある前立腺の良性肥大症の治療および緩和に有効な薬として処方され、遺伝や感染により発症すると考えられ、加齢と共に患者が増加する傾向があり、60歳を超えると急激に増加するとされている前立腺癌に対しても処方されている薬品です。しかし、前立腺肥大症の治療患者に抜け毛症状の改善が認められた事から研究され始めました。その結果、臨床試験で約80%の服用者に増毛効果や脱毛防止効果が確認され、1997年に男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてアメリカのFDAに認可され、2005年に厚生労働省に承認され日本でも販売される様になっています。
男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素による還元反応によりジヒドロテストステロン(DHT)が生成され、そのジヒドロテストステロンが毛細胞の機能を弱らせ薄毛や脱毛を進行させてしまいます。
フィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンを男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロンへ変換する5-αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
5αリダクターゼには1型と2型の2種類があります。
フィナステリドは、皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼの約30%抑制し、2型5αリダクターゼの約70%程度抑制すると考えられています。
服用初期には脱毛症状が見られるケースがありますが、徐々に毛髪は増えるとされています。最低でも3~6ヶ月は服用を継続する必要があるとされています。
ジヒドロテストステロンへの変換を抑制するフィナステリドは、性欲を司る男性ホルモンテストステロンへ直接作用するものでは無い為、テストステロンの分泌量の抑制作用や減少効果は無く、理論上は精力減退などの副作用はないとされています。性欲の減退や勃起不全、精子の減少などの男性機能低下だけで無く、胃部不快感や頭痛、腹痛、下痢などの体調不良などの副作用が報告されていますが、副作用の発症率は低く、発症した場合も軽症で済む事が多くあります。
又、フィナステリドは、皮膚からも吸収する特性もあり、皮膚から吸収する薬量でも胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるとされています。

■AGA治療にオススメの薬
エフペシア
■今まで効果を感じられなかったという方は
アボダートで脱毛予防